風水インテリア:住宅の配置と門・玄関

1、住宅配置 

 住宅を建てる場合に土地に対してどの様に住宅を配置するかが問題となります。 

(1)メイン道路に対して住宅の顔を向けるように作る。
(2)土地いっぱいに建てないで住宅の前後には庭などの空間を作る。
(3)建物の形は三角形や複雑な形より正方形や長方形が吉。
(4)南北に長く作るより、東西に長く作る。
(5)門と玄関が一直線にならないようにする。 
(6)住宅を駐車スペースから出来るだけ離すのが吉。 



2、門と玄関  

住宅を人間の体に例えるのが風水の基本ですが、門や玄関は口に当たります。

 門や玄関が狭かったりすると、お金の運が弱くなります。

 玄関が暗いと良い気が入ってこず、家族が体調を崩しやすかったり、仕事運が弱くなったりします。

 玄関は住宅では最も大切な場所になります。

 マンションやアパートなどの集合住宅や雑居ビルなどではエレベーター回りや廊下なども重要です。 

粗大ゴミ等が置かれている場合は良い運を呼び込んでくれませんのできれいにするようにして下さい。

 


               


             

風水インテリア 方位とラッキーカラー:北東

北東は、季節は冬から春にかけて、時間は深夜の一時から五時を示します。

また静かで神聖な時間と言われています。

古来、「草木も眠る、丑三つ時」、ともいわれ、朝日が産み落とされる前の大事なときなのです。

古来より東北は鬼門と言い、不浄の物は置いてはだめ、といわれています。

部屋は窓が少なくて壁が多いのが、盛相といわれています。逆の場合は、貧相ということになります。

土の気をもつこの場所は、八白土星の人の定位置で、ラッキーカラーは濃い黄色です。

インテリアの家具や小物に、黄色っぽいものを採用するのもいいでしょう。


                

風水インテリア 方位とラッキーカラー:南東

住宅にとっても、人にとっても、東南は最もいい方向です。

季節は春から夏にかけての初夏、時間は午前中の穏やかな時間、七時から十一時を示します。

古来より、家の跡取り、つまり長男の場所と言われています。そして、家にとっても大切な結婚、信用運に直結するのです。

また、東南の日光は、老人の健康に良いものです。今までの労をねぎらい、敬意を表し、この場所に寝室とするのはいいことです。そのとき、家族の寝室と離れすぎない事、浴室やトイレに近い事も大切ですね。老人は家にいる時間が長いので、快適に過ごせる工夫が必要なのです。ここの部屋は窓が多くて壁が少ないのが、盛相といわれています。逆の場合は、貧相ということになります。

木の気をもつこの場所は、四緑木星の人の定位置で、ラッキーカラーは緑です。

インテリアの家具や小物に、緑っぽいものを採用するのもいいでしょう。


            

風水インテリア 方位とラッキーカラー:北西

北西は季節は秋から初冬にかけて、時間は夜の七時から十一時の、穏やかな時間を示します。

北西の方向からは、運気が入ってくると古くから言われています。

地位や社会運に直結しますので北西には、一家の主人のための主寝室や書斎があるといいのです。

家の中で主人よりも上位にある、仏壇や神棚も、この場所はよいものです。

この方位が壁だと、西日や北風を防止でき、なお良いものです。

金の気をもつこの場所は、六白金星の人の定位置で、ラッキーカラーは白です。

インテリアの家具や小物に、白っぽいものを採用するのもいいでしょう。


               

風水インテリア 方位とラッキーカラー:南西

南西の方向は、季節は夏から秋にかけて、時間は午後のゆったりとした時間で、一時から五時を示します。

主婦の場所とも言われています。

家庭、職業運に直結し、家事スペースや休憩スペースとしても、いいものです。

休憩スペースとしては、西南では日差しが強く、明るすぎてふさわしくないありません。


西南は裏鬼門と言い、古くから不浄の物は置いてはだめといわれています。


トイレや浴室、台所は、不浄と考えているため、避けるべきとされています。

ここの部屋は窓が少なくて壁が多いのが、盛相といわれ、逆の場合は、「貧相」ということになります。

土の気」もつこの場所は、二黒土星の人の定位置で、ラッキーカラーは黄色です。

インテリアの家具や小物に、黄色っぽいものを採用するのもいいでしょう


               

風水インテリア 方位とラッキーカラー:西

西の方向は、太陽の沈む方向で夕方の五時から七時を示します。

季節は秋を示します。

秋は収穫の時です。

人にとって実りとは、恋愛であったり、金銭運であったりします。

住宅にとって西日はきつく、避けたいものです。


そこで、西を避け窓をどこにつけるかは、住宅全体の通気によって決まってくるのです。

西向きの住宅には南に大きな窓、反対側の北に小さな窓を作るのが、風通しが最も良いと言われています。

西の部屋は窓が少なく、壁が多いのが盛相」いわれています。逆の場合は、貧相ということになり、出費が多くなります。


金の気をもつこの場所は、七赤金星の人の定位置で、ラッキーカラーは白です。

インテリアの家具や小物に、白っぽいものを採用するのもいいでしょう。


             

風水インテリア 方位とラッキーカラー:東

東は、季節は春、時間は朝の五時から七時を示します。

日の出の勢いを示し、未来への希望を示し、成功、発展運に直結します。

キッチンは早朝は、気温も低く、朝の日光も入ります。

昼間は気温が上がっても涼しいままですなで、食物の鮮度を保ちやすく、腐りにくい場所となります。

東の朝日は西の夕日よりよく、東が春夏にうける穏やかな風は、西の秋冬の寒風よりずっと良いものです。

木の気をもつこの場所は、三碧木星の人の定位置で、ラッキーカラーは青です。

インテリアの家具や小物に、青っぽいものを採用するのもいいす。





            

風水インテリア 方位とラッキーカラー:南

南は季節は夏、時間は真昼の11時から13時を示し、太陽のエネルギーも最高潮を迎えています。

人にとっても、良いエネルギーをもたらし、知性、名誉運に直結するのです。

住宅にとっても、南が低く、北が高い敷地は良いとされています。

南に広い庭のスペースがあり、主要な部屋が面している家がいいとされます。
南を大切にするのは、易学、建築学ともに最適と考えられます。

南の部屋は窓が多くて壁が少ないのが、「盛相」といわれています。

逆の場合は、「貧相」ということになります。

「火の気」をもつこの場所は、九紫火星の人の定位置で、ラッキーカラーは赤です。

インテリアの家具や絵などの小物に、赤っぽいものを採用するのもいいでしょう。


                

風水インテリア 方位とラッキーカラー:北

北は季節は冬、つまり冬眠の時期、時間は深夜の11時から1時を示し、睡眠の時間ですので、健康や子供運に直結します。

寒さが厳しく、日光の消毒作用も期待できないので、トイレにはふさわしくありません。

北の窓は、冷たい北風が大量に吹き込むのでいつも寒く、女性の健康に良くないとされています。


小さな窓にし、暖色系のカーテンをつけるなど、寒々とした雰囲気を和らげる工夫をすると良いでしょう。

水の気のこの場所は、一白水星の人の定位置で、ラッキーカラーは黒です。

インテリアの家具や小物に、黒っぽいものを採用するのもいいでしょう。



            

風水インテリアは色が重要

<strong>風水インテリア</strong>で最も重要な要素は「色」です。
その部屋のイメージや雰囲気は、多くの場合「色」の支配を受けます。


・<span style="color:#0000FF;">環境で差がつく金運パワー</span>「金持ちは金持ちを生む土地でしか育たない」という格言が風水にあります。
これは、周囲の環境を整えて、運が向上する生活を実践せよ、ということです。

つまり最も身近の環境が、毎日の生活を送る「家」や「部屋」です。

以下を参考に、<strong>風水インテリア</strong>を利用して金運が上がるインテリアを選んでみて
下さい。


<span style="color:#FF0000;">方位    ラッキーカラー </span>
東     赤、青、紫、白
西     黄、ピンク、茶、赤
南     グリーン、オレンジ、ベージュ、白
北     黒、白、グレー、ピンク
東北    白、黄、赤、あめ色
東南    グリーン、オレンジ、赤
南西    茶、グリーン、黄、グレー
北西    ベージュ、茶、黄、赤